不安を解消する方法。そもそも不安は、ありがたい物です。

シェアする




・不安に苛まれてしまう

・心配症だ

・不安が怖い




このような方に向けて、記事を書いています。


こちらの記事を読むと




・不安に苛まれなくなる

・「不安が怖い」という考え方から、「不安は恐怖では全くなく、自分を守るためのありがたい自分の心からの問いかけ」と、不安に対する考え方が180°変わる

・不安の処理の仕方が分かる

・不安に苛まれなくなるので、性格が明るくなる




不安は怖い物・悪い物と考えている方がいますが、大きな勘違いです。


「不安」という感情がなかったら、私達はとても困りますし苦しみますし、生き続ける事ができなくなります。




スポンサーリンク

「不安」という感情が怖い物ではなく、とてもありがたい物である理由



「不安」という感情が怖い物ではなくありがたい物である理由は、次の通りです。




①自分の心から出る感情で自分を怖がらせる、科学的な理由がない

②「不安」という感情がないと、危ない事を平気でしてしまう




上記について、解説します。




①自分の心から出る感情で自分を怖がらせる、科学的な理由がない



「不安」は、私達の心の中から発生しています。


この世界はマンガの世界ではないので、心の中に私達を苦しめる悪魔が住みついていて、私達を不安で怖がらせ続けているわけではありません。




もし「不安は怖い物」「不安は悪い物」という事が正しいとしたら、


「人間は自分で自分を怖がらせる習性を持った生き物」という事になります。


人間は今地球上に70億人以上いますが、「自分で自分を怖がらせる習性を持った生き物」という事が正しかったら、こんなにたくさん人間は増えるのでしょうか?


もし上記の事が正しかったら科学的に考えて、ここまで地球上で人間は増えないと思われます。




②「不安」という感情がないと、危ない事を平気でしてしまう



「不安」という感情がないと私達は非常に苦しむ事になりますし、場合によっては生き続ける事ができなくなります。


なぜなら不安という感情が出てくるから、危ない事・不都合な事を回避できているからです。


例えば




・赤信号で「赤信号で止まらないと危ない」という不安が出てきているから、事故を回避できる

・車の運転中に「公園の横の道だから、子供の飛び出しがあるかもしれない」という不安が出てくるから、スピードを落として事故を回避できる




このような事があると思います。


逆に「子供が飛び出してくるかもしれない」という不安が出てこなかったら、公園や小学校の横の道路でも減速せず、重大な事故を起こしてしまうかもしれません。




他にも日常の中で




・出かけた後で、ドアの鍵を閉めただろうか、ガスの元栓を閉めただろうかという不安が出てくる

・ガソリンがだいぶ減ったけど、給油しないで良いのか?という不安が出てくる




このような事は、みなさん感じた事があるのではないでしょうか?


これらの不安が出てくるおかげで、私達は泥棒に入られる事や火事、車がガス欠になるのを防いでいます。





つまりこれら日常的に誰にでも出る不安を足がかりに論理的に考えると、不安は恐怖ではなく「大丈夫ですか?」「十分に備えていますか?」と聞いてきている、自分の心からの問いかけと言えます。


不安=自分の心からの問いかけは、日常的に出ているのであまり重要ではない物もありますが「不安が出てきたから備えられて良かった、助かった」と思う物もたくさん出ています。




・赤ちゃんや幼児がこれを口にしたら危ないのでは?という不安が出てくるから、洗剤やボタン型電池や化粧品を手の届かない所に置いて、誤飲を防いでいる

・女性が夜道を1人で歩くのは危ないのでは?という不安が出てくるから、早めに帰宅したり迎えに来てもらって、変な人に連れて行かれるのを防いでいる






不安に苛まれる理由



不安は「大丈夫ですか?」「十分に備えていますか?」と聞いてきている、自分の心からのありがたい問いかけです。


ではなぜありがたい問いかけのはずなのに、「不安が怖い」「不安に苛まれる」という事が起きてしまうのでしょうか?


それは、不安の処理の仕方を知らないからです。





不安の処理の仕方



上記の内容は、すべてこちらの本に書いてある内容です。











「ありがたい物であるはずの不安」に苛まれる原因と、その処理の仕方も書かれています。


こちらの本を読んで不安の処理の仕方を見につければ、一生不安に苛まれる事はなくなります。


不安を怖い物だと勘違いする事もなくなるので、性格も明るくなり、それにより人生が大きく良い方向に変わります。


本を読んで「こんな簡単な事か」と思われる方もいると思いますが、不安の苦しみから解放される方法は、ある意味コロンブスの卵のような内容です。


※コロンブスの卵
どんなに素晴らしいアイデアや発見も、ひとたび多くの人の目に触れた後には、非常に簡単に見える事


不安の処理の方法は一生使える技術ですので、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?





本を無料で読む方法



こちらの本はAmazonのKindle Unlimitedという電子書籍読み放題のサービスで読めます。


(2021年4月16日現在)


月額980円ですがKindle Unlimitedに初めて登録する方に限り、初めの1ヶ月はお試し期間なので課金されません。


気に入らない場合1ヶ月以内に退会すれば、かかる費用は0円です。


和書12万冊を読む事ができ、小説・ビジネス本・実用書・コミック・雑誌など幅広いジャンルを扱っています。


注意点は、読み放題の対象の本は入れ替わる事もある事です。


対象の端末は、kindle端末・スマホ・タブレット・PC・Mac。


1つのアカウントにつきデバイスを6台まで登録できるので、月額980円で家族みんなで電子書籍の読み放題を楽しむ事ができます。


色々なジャンルの本を読めますし、普段購入してまで読まないような本でも、家で気軽に読む事が可能です。


こちらの本は250円と安いのですが、無料で読む方法もありましたので、お伝えさせていただきました。


ぜひ楽しんで、不安の処理の方法を読んで頂けたらと思います。



Kindle Unlimited






関連記事

人に嫌われるのは、怖い事ではありません。その恐怖心は、間違いです。

瞑想の効果が、すごい!人生変わりました。





スポンサーリンク

シェアする

フォローする