瞑想の体験談。腹が立ち辛くなりました。

シェアする



前回の瞑想の記事は、瞑想の万人に当てはまりそうな効果を書きました。


前回の記事
瞑想の効果が、すごい!人生変わりました。


今回は、葵の個人的な体験談を書こうと思います。


では、行ってみましょう!


スポンサーリンク

瞑想初期は、雑念が吹き出るように出た



雑念がたまりにたまっていたのか(笑)、瞑想初期は雑念が吹き出ていました。


もっとも比較対象がないので、しばらく瞑想を続けてから「あの頃は雑念がすごかった」と思ったわけですが。


瞑想を始めて数週間経つと、雑念の出方がゆるやかになりました。


きっと、脳内の雑念が減ったのでしょう。


ですので、瞑想を始めたばかりで「雑念がひどくて全然集中できない」という方も、しばらく瞑想を続ければ集中しやすくなる可能性があります。


それに瞑想の本を読むと、瞑想の達人でも雑念が全く出ない事はないと書かれている本が圧倒的に多いです。


雑念が出てきたらあまり追いすぎず、そっと呼吸やマントラに意識を戻しましょう。


腹が立ち辛くなった





これはよくあるかもしれませんが、瞑想と出会う前は腹を立てていたような出来事が起きても、あまり怒らなくなりました。


もちろん自分に危害が加わる出来事が起きたら腹を立てますが、それほどでもない出来事でしたら前より心が穏やかです。


雑念が減ると人に嫌な事を言われても、「相手には相手の、人に嫌な事を言わざるを得ない事情がある」と考えやすくなります。


「仕事が大変なんだな」「家庭がうまくいっていないんだな」「このお客さんは今旅行中だから、わがままになっているんだな」などなど(笑)、相手の事情が前より見えるようになります。


そもそも雑念が減った事で不機嫌な部分が減り、その分機嫌が良くなっている事も腹が立ちづらい原因として大きいです。


「感情の起伏が激しい」
「イライラしやすい」
「腹を立てやすい」


そのような方は瞑想は手軽にできますので、絶対にやってみた方が良いです。


費用対効果で、これだけたくさんの効果がある物もありません。




関連記事




瞑想の効果が、すごい!人生変わりました。

人に嫌われるのは、怖い事ではありません。その恐怖心は、勘違いです。

嫌われるのが、怖い方へ。あなたの人生の評価者は、誰ですか?

誰のどんな言葉も、あなたの人生の責任はとれない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする