瞑想の体験談。根拠のない劣等感が、なくなりました。

シェアする



前回の瞑想の記事は、瞑想の万人に当てはまりそうな効果を書きました。


前回の記事
瞑想の効果が、すごい!人生変わりました。


今回は、葵の個人的な体験談を書こうと思います。


万人には当てはまらないかもしれないけど、こういう事もあるという事で。


では、行ってみましょう!


スポンサーリンク

瞑想初期は、雑念が吹き出るように出た



雑念がたまりにたまっていたのか(笑)、瞑想初期は雑念が吹き出ていました。


もっとも比較対象がないので、しばらく瞑想を続けてから「あの頃は雑念がすごかった」と思ったわけですが。


瞑想を始めて数週間経つと、雑念の出方がゆるやかになりました。


きっと、脳内の雑念が減ったのでしょう。


ですので、瞑想を始めたばかりで「雑念がひどくて全然集中できない」という方も、しばらく瞑想を続ければ集中しやすくなる可能性があります。


それに瞑想の本を読むと、瞑想の達人でも雑念が全く出ない事はないと書かれている本が圧倒的に多いです。


雑念が出てきたらあまり追いすぎず、そっと呼吸やマントラに意識を戻しましょう。


根拠のない劣等感が、なくなった



雑念が吹き出る時期を経て、雑念の出方がゆるやかになった頃、瞑想中よく過去に関するイメージが出るようになりました。


時期にして、瞑想を始めて2ヵ月ちょっとくらいの頃です。


自分の大学生の頃の細かい光景、高校生の頃の光景、中学生の・・と、だんだんさかのぼっていく感じでした。


瞑想の体験談を読むと、過去のイメージが出てくるという文章は時々見るので、こんな事もあるのだろうと思っていました。


過去に関する雑念を整理しているのかな、と。


過去の光景がよく出てくる時期は2~3週間続き、最終的に幼稚園の頃の細かい光景まで出てきました。


幼稚園の遊び場の様子や何をして遊んでいたかなど、よくこんな事覚えているなぁと思ったり。


過去に関する光景は過去の嫌な出来事や何でもない事など、さまざまでした。


そしてその時期の途中から思っていた事ですが、「変な劣等感やこだわりが消えている?」という感覚がありました。


今でも自分の至らない所は至らないと認識しているのですが、そうではなく根拠のない劣等感が消えていく感じでした。


瞑想をすると雑念が減ってスッキリするのですが、その時期は特に瞑想後スッキリしました。



こちらの本に、自分を縛って生きづらくしている考え方を消す方法が書かれています。




瞑想中に自分を無意識に縛っている忘れていた過去の記憶にアクセスして、現在の自分の目線で過去を再体験します。


「嫌われるのが怖くて、つい人の機嫌をとってしまう」
「ものごとがうまく運ばないと、いつも自分を責めてしまう」
「なぜだか分からないけど、川が怖い」


このような自分を生きづらくしている行動指針は、まだ知識も経験も少ない小さい頃の自分が作った物が多いです。


瞑想中に現在の自分の目線で過去を再体験する事で、生きづらくしている行動指針を消す事が可能です。


自分の特定の過去の記憶を瞑想中に頭から呼び出すには、簡単にですが瞑想前に準備が必要です。


この時の自分は方法は少し違うのですが、過去の記憶を整理していたのでしょう。


ちなみに幼稚園の頃の光景が瞑想中出てきた後は、それ以上さかのぼって過去の光景が出てくる事はなくなりました。


その後過去の光景自体が瞑想中出てくる事もなくなり、雑念はもっぱら今現在の事ばかりですw


瞑想の体験談まとめ





ともあれ瞑想をして雑念が減った事、そして根拠のない劣等感もなくなった事で、不器用な人間ですがだいぶ生きやすくなりました。


瞑想と出会う前は腹を立てていた出来事が起きても腹が立たなくなったのは、とても大きいです。


もちろん自分に危害が加わる出来事が起きたら腹を立てますが、それほどでもない出来事でしたら前よりも心が穏やかです。


雑念が減ると人に嫌な事を言われても、「相手には相手の、人に嫌な事を言わざるを得ない事情がある」と考えやすくなります。


「仕事が大変なんだな」「家庭がうまくいっていないんだな」「このお客さんは今旅行中だから、わがままになっているんだな」などなど(笑)、相手の事情が前より見えるようになります。


そもそも雑念が減った事で不機嫌な部分が減り、その分機嫌が良くなっている事も腹が立ちづらい原因として大きいです。


「感情の起伏が激しい」
「イライラしやすい」
「腹を立てやすい」


そのような方は瞑想はお金もかからず手軽にできますので、絶対にやってみた方が良いです。


費用対効果で、これだけたくさんの効果がある物もありません。


関連記事
瞑想の効果が、すごい!人生変わりました。

人に嫌われるのは、怖い事ではありません。勘違いです。
嫌われるのが、怖い方へ。あなたの人生の評価者は、誰ですか?
誰のどんな言葉も、あなたの人生の責任はとれない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする