人に嫌われるのは、怖い事ではありません。勘違いです。

シェアする



人に嫌われるのが怖い方、結構いらっしゃると思います。


葵も、以前はそうでした。


人が怖くて、医者に勧められるがまま精神科のお薬を飲んでいた事もあります。


ですが、人に嫌われるのが怖いというのは間違いである・勘違いだったと心底理解納得してからは、精神科のお薬は一切飲んでいません。


2度と飲む事もありません。


かつての葵のように勘違いで恐怖心を感じないよう、嫌われても気分は良くないけど怖い事ではない理由・嫌われるのが怖いと勘違いしてしまう原因をお伝えいたします。


関連記事
嫌われるのが怖い方へ。あなたの人生の評価者は、誰ですか?
誰のどんな言葉も、あなたの人生の責任はとれない
瞑想の効果が、すごい!人生変わりました。

スポンサーリンク

人に嫌われても、怖くない理由



まず、人に嫌われて気分の良い人は基本的にいません。


ドMの方の思考回路は分かりませんが、程度の差はあれみなさん嫌われるのはイヤです。


ですが、人に嫌われるのがイヤを通り越し怖いと感じるのは、客観視ができていません。


イヤと怖いは、違います。


「イヤ」は、不快だと感じている状態です。


「怖い」は、危機を感じている状態です。


そして人生を振り回すのは、「怖い」という感情のみです。


人に嫌われたら、何が怖いですか?


人に嫌われたら死にますか?


完全自〇マニュアルに「人に嫌ってもらう」「人に怒鳴ってもらう」などと書かれていたら、おかしいです。


会社の社長や上司に嫌われるのが怖い方もいらっしゃると思いますが、最悪嫌われ解雇された場合次のお仕事を見つけるのが大変ですが、死ぬ事はありません。


次のお仕事が見つからず、貯金がなくなり家賃を払えずホームレスとなり、餓死をしてしまう・・と考える方もいるかもしれません。


もし何かの事情で生活が出来なくなった場合、生活保護をもらいましょう。


受給資格がないのにもらうのはいけませんが、もともとそのような方達のための制度です。


生活保護を受給する資格があるにも関わらず、生活保護費を下げたい役所の方が難癖をつけ断るケースもあるようですが、法律違反です。


多くの弁護士は生活保護の相談は無料で受けていらっしゃるそうですので、弁護士事務所や生活困窮者の方の支援をするNPO法人へ行き、法律に詳しい方と一緒に役所へ行って下さい。


受給資格がありましたら、生活保護を受けられます。



人に嫌われ物理攻撃を加えられたら、さすがに怖いです。


ですが、その場合暴行罪ですので警察を呼びましょう。


物理攻撃を加えられ、その末に亡くなってしまう方もいます。


しかし、あなたが物理攻撃を加えられ亡くなる可能性は極めて低いですし、可能性のかなり低い事を気にしていましたら、この世のあらゆる事を心配しないといけません。


交通事故が怖いから、家から出られなくなるような状態になります。
事故にはあわなくても、体調不良で寿命が縮んでしまいます。


交通事故を気にしなさすぎたら、赤信号を渡って事故にあうような事になりますので、より良い人生を生きるにおいて、”心配”はちょうどよく行う事が大切です。


この「ちょうど良い」ラインは、自分で客観視して決めます。


嫌われると、怖い事が起きる人間



話を戻しますが、人に嫌われてもそうそう死にません。


ではなぜ、人に嫌われると怖いと勘違いするような事が起こるのでしょうか。


嫌われると怖いという発想は、どこから出てくるのでしょう?


実はこの世に、人に嫌われたら死んでしまう人間がいます。


それは「小さな子供」です。


赤ちゃんや小さな子供は周りの人に嫌われお世話してもらえないと、自分の力で生きられないので死んでしまいます。


食べ物を自分で調達できませんし、病気やケガをしても救急車を呼べません。


危機管理能力がなく車の前へ飛び出したり、食べてはいけない物を口にします。


小さな子供がネグレクトで亡くなったという悲しいニュースが報道されますが、子供は周りの大人にお世話されないと生きられません。


私達は小さい頃例外なく、「人に嫌われると怖い」という状態を体験しています。


しかし、子供も12歳頃になると、一人で生きられるようになります。


まだ働く事はできず、家も借りられなく未成年の扱いですが、一人でいたら死んでしまう年齢ではありません。


ですのでこのあたりの年齢から、人に嫌われても怖く(=危なく)なくなります。


こちらのブログを読める方で「人に嫌われてもイヤだけど怖くはないよね」と分かっていらっしゃる方は、客観視をして、嫌われてもイヤだけど危ない事は起きないよね、と理解納得していらっしゃる方です。


12~13歳頃を過ぎても人に嫌われるのが怖い方は、自分の力で生きられるにもかかわらず、小さい頃の考え方が残っていると言えます。


小さい頃の考え方が残っている方も多方面から自分を客観視する事で、嫌われてもイヤな事はあるけど怖くないと理解納得できます。


客観視の方法はいくつかありますので、また記事にしてお伝えしようと思います。


客観視はこちらの件に限らず、より良い人生を生きるために欠かせない物となります。


客観視の能力が高ければ高いほど、人生を楽しく生きる事ができます。


20歳以上の方は、すべての大人と「本音で」対等





人に嫌われるのが怖いという発想が出てくる原因は、他にもあります。


嫌われるのが怖い方は、周りの大人との対等意識がありません。


大人と、赤ちゃんや小さい子供は対等ではありません。


なぜなら、お世話をしなければ亡くなってしまうからです。


ですが、12歳頃からお世話をされなくても生きられるので、対等になっていきます。


厳密には、制度として大人と扱われるのが20歳からですので、20歳になればすべての大人と完全に対等です。


(親や代理人の同意なく、賃貸契約・結婚・ローン契約ができる、18歳からになりましたが選挙権が得られる等々)


建前と本音の上下関係



世の中には、建前の上下関係があります。


お客さんはお店にお金を払っているので、店員さんはお客さんを立て、要望を叶えます。


社長は従業員にお給料を払っているので、従業員は業務命令を聞きます。


ですが、それはお金をもらっているから相手を立て、要望を聞いているだけです。


お客さんがお金を払わなかったり、社長がお給料を払わないけど業務命令を聞いてと言っても、聞けないですよね。


社長や上司、お客さんを立てる事は大切ですが、それは建前の上下関係です。


より良い人生を生きる上で建前を上手に使う事は大切ですので、これからも上司やお客さんを立てて接しましょう。


ですが、「本音の」上下関係は対等です。


「本当に」えらい人間はいない



また、総理大臣や大統領、有名な芸能人やスポーツ選手とも「本音は」対等です。


上記の人達が「えらい」というのは、世の中に無数にある価値観の1部です。


上記の人達を好きな方は「えらい」と思いますが、嫌いな方はそう思えないはずです。


世の中には建前と本音の上下関係があり、本音では20歳を過ぎればすべての大人は対等です。


(認知症の症状が大きく進むなど、安全な事と危ない事の区別がつかない、救急車を呼べないなど、小さな子供と同等なお世話が必要になった方を除きます)


人に嫌われても怖くない理由まとめ



繰り返しますが、人に嫌われて気分の良い方は基本的にはいません。


なのでみなさん人に気を配るなどして、気分良く過ごせるようにしています。


ですが、このブログを読める年齢の方は嫌われても怖い事は起きません。


(物理攻撃を加えられるなど、事件になりそうな事が起きたら怖いですが)


葵もかなり困っていた事ですので、また違う角度から“人に嫌われてもイヤだけど怖くない”事をお伝えしようと思います。


別の視点から、嫌われても怖くないとお伝えしています。
嫌われるのが怖い方へ。あなたの人生の評価者は、誰ですか?


みなさまのご参考になりましたら、幸いです。


関連記事
誰のどんな言葉も、あなたの人生の責任はとれない
瞑想の効果が、すごい!人生変わりました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする